傷ついた心を治す心の専門医 心療内科へ

うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう

心の病に効く治療法

医師

抗うつ薬は現在では「SSRI」「SNRI」「NaSSA」の3つが主流で、それぞれセロトニンやノルアドレナリンといった物質を増やすことでうつ病治療に役立てられています。薬物治療はその手軽さと、日々研究が進んでいるという期待感から患者からの支持が高い治療法です。

詳細へ

治療の本命と注意点

病院

うつ病の治療において、薬物療法は非常に重要です。抗うつ剤にはいろいろな種類があるため、症状に応じて使い分けたり、薬を変更したりします。注意点として、勝手に服用をやめないこと、ほかに薬を服用しているときは、必ず医師に相談することなどがあげられます。

詳細へ

早く治るために

頭を抱える女性

病院で処方してもらえる

うつ病は、脳の病気と言われています。風邪も、薬を飲んで症状を緩和する人もいれば、自然治癒に任せる人もいます。自然治癒に任せる人の中には、薬を飲んでおけばもっと早く治ったというケースも多いです。うつ病も同じです。抗うつ剤を飲むことに抵抗のある人も多いかもしれませんが、それによって症状を軽くすることが出来ればそれに越したことはありません。当然、薬なので、自己判断による投与はリスクがあります。まず、自分のうつ病の状態を冷静に分析してもらう必要があります。それには、うつ病に対して専門的知識を持っている心療内科や精神科にいく必要があります。現在の状態を診察してもらい、その状態に適した薬を配合してもらいます。薬には相性があるので、他の人には効果があったが自分には何の効果もあらわれないという可能性はあります。なので、薬をもらって終わりではなく、きちんと通院をして薬の効果を判断してもらいます。また、抗うつ剤には、吐き気やむかつき、日常生活に支障が出るほどの眠気、発疹や立ちくらみなどの副作用もあります。副作用が出る出ないも個人差が大きいので、医師と相談の上、量を減らしたり変更したりすることも大切です。

医師とはよく話し合おう

心療内科や精神科で処方される薬は、抗うつ剤だけということではありません。うつ病初期の場合には抗うつ剤のみという場合もありますが、たいていの場合は、他の薬との併用になります。抗うつ剤とは、脳内物質であるセロトニンやノンアドレナリンに対して作用する薬です。それらに加えて、不安感を取り除くための薬も処方するのが一般的です。副作用が出ないようにするための薬も合わせます。これは、便秘になりやすい薬に対して整腸剤を一緒に処方するようなものです。また、うつ病患者の多くは睡眠が取れなくなっているケースが多いので、睡眠導入剤をプラスすることもあります。どれも医師がきちんとした診察の上に処方するものなので、勝手に処方をやめたり、変更したりするのは厳禁です。うつ病の症状がなくなったと思っても、ウィルス性の病気と同じく身体に潜んでいる可能性もあるので、医師の判断を待つことが大切です。副作用は個人差が大きいので、きちんと報告しないと医師には分かりません。きちんと報告すれば、作用と副作用のバランスを考慮した上で、薬を変更してもらえます。担当医とよくコミュニケーションを取ることが、副作用の心配もなく効果的な治療のためには必要です。

精神病の症状と治療

メンズ

うつ病は、精神面と肉体面の二つの症状が出てしまう特徴のある、精神疾患の一つです。治療は主に薬を使って行われますが、一緒に処方される睡眠薬や鎮痛薬などの取り扱いには十分注意し、正しく服用を続けることが大切です。

詳細へ

病院に行くことは大切

男性

うつ病が進行していくと、脳内物質のバランスが崩れ、大きな不安や絶望感に包まれます。時には日常生活が送れないほどの支障をきたしますし、それらの感情自体がストレス要因になります。抗うつ薬を服用することで、一時的に脳内物質のバランスを整えます。

詳細へ

専門的な治療を受けよう

薬と水

キッカケは十人十色ですが、うつ病になると精神面だけではなく肉体的にも影響を及ぼしてしまいます。治療の進め方としてはカウンセリングを経て薬物療法に入ります。症状や状態によって治療法が異なるので専門医の指示に従いましょう。

詳細へ