病院に行くことは大切|うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう
レディ

うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう

病院に行くことは大切

男性

精神科医が担当

うつ病になると、気分が沈んだままの状態が続いたり、何をするにもやる気がわいてこない状態が続いたりします。また、自分の気持ちの落ち込みに気が付くことなく、眠れない日々が続いたり食事をとることが出来なくなったりといったこともあります。うつ病は何らかの強いストレスがきっかけで発症するものですが、脳内物質のバランスが崩れている状態になります。中には何もしなくても気が付くとバランスが整っていたというケースもありますが、放置していると悪化が進み元に戻せなくなるケースもあります。うつ病は対策が早ければ早いほど、治療期間が短くなるので、早めに病院で診察してもらうことが大切です。脳内物質のバランスが崩れて続けているのは、それを引き起こしているストレスから離れられないからです。病院ではカウンセリングを中心にして、そのストレスで緊張している状態からリラックスできる状態を導きます。また、そのストレス要因から受けるダメージを軽減するような対応を学びます。強いストレスをかわしたり、ストレスへの対応力を強めたりすることで、安定した精神状態を取り戻します。精神状態が安定すれば、脳内物質のバランスも整えられていきます。うつ病の症状がひどい時は抗うつ薬が必要になります。この抗うつ薬は精神科医によって処方されるので、きちんと精神科に通うことが大切です。

副作用はきちんと報告

うつ病が進行していると、脳内物質のバランスが崩れ、大きな不安感や絶望感を抱き続けることになります。あまりにそれらの感情が大きすぎると日常生活に支障をきたしますし、それらの感情自体が大きなストレス要因になります。なので、不安感や絶望感を取り去るための抗うつ薬が処方されます。抗うつ薬を飲むことで脳内物質に働きかけ、一時的な安定を図ります。抗うつ薬にも、通常の薬と同じく副作用があります。その副作用も個人差が大きく、全く副作用の症状が出ないという人もいれば、体に大きな負担を強いられる人もいます。副作用の出方は様々なので、自分に出た副作用はきちんと担当医に説明することが大切です。必要であれば、抗うつ薬が変更されます。精神科でのカウンセリングと投薬の成果で、うつ病の症状が軽減されていきますが、治療が完了したと自分で判断して治療を中止するのには大きなリスクがあります。まだ脳内物質のバランスが整っていない場合、再びバランスが崩れ、うつ病が再発してしまうからです。自分で判断することなく、きちんと担当医の診断を聞くことが大切です。