心の病に効く治療法|うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう
レディ

うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう

心の病に効く治療法

医師

種類と特徴

心の病であるうつ病を治療する上で、大きく分けて3つの治療法があります。「休養」「精神療法」そして「薬物治療」です。心の病気なのに薬が効くのかと不思議に思う方もいるかもしれません。そこでこれから薬物治療についてお話しします。うつ病に効く薬の筆頭が、その名の通り「抗うつ薬」です。これには現在多く使われている3つの種類があります。ひとつは「SSRI」と言い、脳の神経伝達物質の一部であるセロトニンを増やす効果があります。なぜセロトニンを増やすことでうつ病が治るかというと、そもそもの原因のひとつとして脳のセロトニンが減っていることが挙げられるからです。また、このSSRIは安全性が高く、副作用が少ないことでも知られています。次に「SNRI」です。これはセロトニンだけでなくノルアドレナリンも増やすため、より物事への意欲を取り戻す効果が期待できます。ただし、アドレナリンの一種であるノルアドレナリンが増えるために動悸などの副作用が起こる可能性があり、今も改善のための研究が行われています。最後は「NaSSA」です。これはSSRIやSNRIとは異なる方法でセロトニンとノルアドレナリンを増やします。具体的には、前者2つは吸収を抑えることで結果的にセロトニンなどを増やしますが、NaSSAは分泌を促進することで増やすことができる薬です。

多く使われている治療法

薬物治療は最初にも申しましたが、うつ病治療において代表的な3つの治療法のうちの1つで、たいへん多く使われています。その理由として、患者にとって手軽な治療法であることが挙げられます。うつ病の度合いにもよりますが、日常生活を送りながらでも治療を進められますし、精神療法のように精神科に行かないとできないわけではありません。処方は医師でないとできませんが、薬は自宅などで飲めるのに対し、精神療法は病院で行うことであるという意味です。ただ、これら3つの方法を全て行うのが完治への一番の近道ですので、その点は誤解がないように申しておきます。また抗うつ薬は日夜研究が進んでおり、どんどん効果的な新しいものが生まれています。例えば前述の3つは「新規抗うつ薬」と呼ばれているのですが、それより以前には「三環系列抗うつ薬」や「四環系列抗うつ薬」があったわけです。抗うつ薬には副作用があるものも多いのですが、徐々にそういった悪い効果がなく、逆に良い効果が増えてきています。このように日々進歩する治療法であることも人気である理由なのです。