治療の本命と注意点|うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう
レディ

うつ病は薬で撃退|症状が悪化する前に治療しよう

治療の本命と注意点

病院

効果的な治療

うつ病の治療の中で、抗うつ剤による治療は最も重要です。抗うつ剤は、いくつもの種類があり、それぞれの薬剤ごとに、効き目に微妙な差があるため、うつ病という同じ病名を持つ患者でも、処方される薬剤は必ずしも同じとは限りません。例えば、気分の落ち込みが激しい患者には、沈んでいる気持ちを盛り上げてくれる抗うつ剤を処方します。また、意欲が低下し、寝たきりになってしまっている患者には、意欲面を改善し、やる気を出す薬が処方されます。他にも、気分の変動が激しい患者には、自律神経を安定させ、食欲不振など胃腸の症状にも効果がある薬を処方することがあります。このように、抗うつ剤は基本的に、患者の症状によって使い分けるもので、治療の過程で症状が変化したり、あまり効き目がない場合は量を増やしたり、種類を替えて処方することもあります。また症状が複雑な場合は、抗うつ剤だけでなく、睡眠薬や抗不安剤が用いられることもあります。うつ病の治療において、症状と薬がうまく合致すれば、効果がとても期待できるため、薬物療法はうつ病治療の本命とも言えます。

注意点

うつ病の薬物療法を行っているときに注意しなくてはならない点がいくつかあります。まずは、勝手に服用を中断しないことです。薬を飲み始めても効果があらわれなかったり、副作用がつらいからといって、服用をやめたり、飲む回数を減らしたりしてはいけません。こうするとかえって病気を長引かせ、悪化させてしまうことがあります。逆に、抗うつ剤がよく効いた場合は、気分が高まり、「もう治った」と薬の服用をやめたくなりますが、ここでも勝手に中断してはいけません。薬を飲んでいる間は、どんな副作用があったか、症状はどう変わったかなどを医師にきちんと伝えて、その都度薬を処方してもらうようにします。また、何か薬を常用している場合は、複合作用が出る場合があるので注意が必要です。例えば高血圧で降圧剤を服用している人は、抗うつ剤の種類によっては血圧を上げてしまうことがあります。パーキンソン病の場合も同様に、症状を悪化させてしまうことがあります。うつ病の治療に入る際には、現在どのような薬を服用しているか、医師によく相談して、適切な処方をしてもらうようにしましょう。